バンクイック 増額

融資増額のための3つのポイント

すでに多くの方がカードローンを利用されていますが、ローンを利用中に融資増額が必要になることがあります。
最初のカードローンの申込みでは、必要最小限の限度額しか希望しない場合が多いですが、利用している中で融資増額が必要になったときは、増額審査を受けることも可能です。
カードローンの増額審査は、誰でも簡単に申込みができますが、大きなリスクを伴っている点に注意が必要です。
増額審査の問題点について確認し、安全な方法で融資増額を受けるようにしましょう。

 

カードローンの融資増額の審査の問題点とは?

 

カードローンの融資増額の審査の問題点は、収入証明書の提出が求められることです。
源泉徴収票や所得証明書、あるいは、納税証明書といったものが必要になります。
アイフルやアコムのような消費者金融では、カードの限度額が50万円を超えるときに、必ず証明書の提出が必要になります。
融資増額を急いでいるときは、手元に収入証明書が用意されているかどうかを確認するようにしてください。

 

増額審査を受けるときは、カードの減額も覚悟する!

 

カードローンの増額審査を受けるときは、カードの減額という結果も覚悟しなければなりません。
現在のカードの利用限度額が保証された手続きではありませんので、増額審査の結果によっては、現在よりも少ない限度額に決まります。
別会社のローンの変化によっては、カードの利用停止ということもありますので、それなりに自信がある場合でないと、融資増額の希望は難しいのではないでしょうか。

 

自信がないなら別会社のカードローンで融資増額!

 

カードローンの増額審査に自信がないなら、別会社のカードローンで追加融資を受けてみてはいかがでしょうか。
現在利用しているカードローンでなければ、少なくとも、カードの限度額が減るという事態は避けられます。
最悪でも現状維持が保てる方法になりますので、カードローン利用者の多くの方が、この方法で融資増額を受けています。
別会社のローンの申込みに成功すれば、追加融資に成功しますし、審査に落ちた場合でも、現状維持が保てます。
カードの限度額が減るというリスクが避けれるので、誰でも安全に融資増額にチャレンジできます。

 

このように融資増額を受けるための方法によっては、思わぬ不利益をこうむる可能性があります。
増額の震災に自信がある場合を除き、別会社のカードローンを利用して追加融資を受けてみてはいかがでしょうか。