バンクイック 増額

バンクイック増額連絡が危険な理由!

カードの限度額を上げてもらうため、バンクイックに増額連絡をしようとしている方もいると思います。
しかし、増額の連絡をしてしまう前に、バンクイックの増額審査の危険性についても確認しておく必要があります。
必ずしも希望する限度額にならないのはもちろんですが、それ以上のリスクがあるのも事実ではないでしょうか。
追加融資は、バンクイックの増額に頼らなくてもできますので、別の方法による融資も検討が必要です。

 

バンクイックの増額連絡が危険な理由とは?

 

まず、安易に増額の連絡をしてしまうと、現在のバンクイックの限度額よりも少なくなる可能性があります。
クレジットカードや携帯電話の返済がチェックされるのはもちろん、これまでのバンクイックの返済に問題がないかどうかも重要です。
別会社のローンが増えていたりすると、カードが減額されてしまったり、利用停止となる可能性もあります。
安易に増額連絡をするのではなく、よく考えた上でバンクイックに連絡するようにしてください。

 

源泉徴収票の用意ができるか?

 

また、バンクイックの増額審査では、収入証明書の提出が必要になります。
源泉徴収票や確定申告書の写し、その他、自分の年収を証明するための公的な書類が必要になります。
増額連絡をしてから収入証明書の用意ができないと、年収などにウソがあると疑われてしまい、バンクイックカードが使えなくなってしまいます。

 

増額連絡ではなく別会社のカードローンを利用!

 

カードローンの増額審査には、いくつもの問題点がありますので、追加融資は別会社を利用するのが基本です。
別会社のカードローンの申込みなら、最低限、バンクイックの限度額は維持できます。
また、バンクイックの増額審査は、数日間の期間を要しますが、別会社のローンなら即日融資も可能です。
できればバンクイックと異なる系列のカードローンがいいので、みずほ銀行や新生銀行レイク、セブン銀行カードローンなどを選んでみてはいかがでしょうか。