バンクイック 増額

バンクイック増額の電話をする前に!

安易にバンクイックに増額の電話をしてしまうと、思わぬ不利益をこうむることになります。
バンクイックに限らず、カードローンの増額審査には、いくつかのデメリットがあるからです。
増額審査のデメリットを知らずに電話をしてしまうと、限度額の減少やカードの利用停止といったことにもなりかねません。
総額審査の問題点について説明しますので、申込みの参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

バンクイックカードの限度額は保証されていない!

 

まず、増額審査を受ける多くの方は、「失敗したら現状維持」と考えていると思います。
しかし、実際には、バンクイックの増額審査に失敗してしまうと「バンクイックカードの利用停止」になります。
これまでのバンクイックの返済履歴がチェックされるだけでなく、別会社のローンの残高の変化、クレジットカードや携帯電話の支払い状況なども確認されます。
総合的に判断して、現在よりも少ない限度額となることがありますので、増額の電話をする前に、十分検討する必要があります。

 

収入証明書が出せないリスクとは?

 

バンクイックの増額審査では、自分の年収を証明するための収入証明書が必要になります。
源泉徴収票や確定申告書の写しなどのことですが、これを用意できないのに電話をしてしまうと大変なことになります。
収入証明書が出せないということは、年収を偽って申込んだと判断され、バンクイックカードが使えなくなります。

 

安全に追加融資を受けるには?

 

このようにバンクイックの増額には、いくつもの危険性があります。
少なくとも現状の限度額を維持したいなら、別会社のカードローンを利用するのがおすすめです。
バンクイック以外のカードローンを利用して追加融資を受ける方法なら、最低限、現在の限度額は維持できます。
バンクイックは、三菱東京UFJ銀行のサービスになりますので、系列が異なる、三井住友銀行や新生銀行カードローンを選んでみてはいかがでしょうか。